六華苑(旧諸戸清六邸)は、山林王と呼ばれた桑名の実業家 2代目諸戸清六の邸宅として大正2年に竣工しました。 特にその洋館部分は、鹿鳴館などを設計し「日本近代建築の父」と呼ばれた、ジョサイア・コンドルが手がけ、 地方に唯一残る作品として注目されています。 揖斐・長良川を望む約18000?余の広大な敷地に、洋館と和館、蔵などの建造物群と、 「池泉回遊式」の日本庭園で構成されたこの邸宅は、創建時の姿をほぼそのままにとどめている貴重な遺構です。

1枚目

六華苑

六華苑
2枚目
3枚目
4枚目
5枚目
6枚目
7枚目